独学大全

自己啓発・成功法則

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

独学が長続きしない方のために独学の方法のテクニックや心構えを解説。大きな目標だけだとやる気が起きないため、大きな目標を数値化し100分の1の目標を設定して今すぐ始める。書籍なら総ページ数の100分の1ページを読む。作業は始めるまでが大変だが、始めると容易になる。

読書は「問読」がお勧め。目次を読んで疑問に思ったキーワードを、本書をパラパラめくって調べる。読んでいて何か違うなと思えば読むのを止める。学習をしていて気づいた事や思った事があれば、メモを取る。

本・要約動画一覧

オススメ!
本要約チャンネル【毎日19時更新】★★★★★

サムの本解説ch ★★★☆☆

ネオ高等遊民:哲学マスター ★★☆☆☆

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • やる気が出てから行動するのではなく、行動するからやる気が生まれる。
  • 大きすぎる目標だけではやる気が出ない。小さい目標をいくつもつくること。
  • 目標を数値化し、その100分の1の目標を設定し今すぐ始める。
  • 毎日コツコツと続ける。
  • やる気が起きるまで待っていてもやる気は起きない。
  • とにかくスタートすれば「アセチルコリン」という物質が分泌され、やる気が起きる。
  • 読書は読みたい部分だけ読めば良い。
  • 「問読」がお勧め。目次を見て「疑問を持つ」。パラパラめくり疑問の答えを探す。
  • ネット検索で知識を得てもOK。
  • 読んでいて「思っていた本とは違った」という場合は、思い切って読むのを止める。
  • 学習中に思った事や気づいた事は全て、その日の日付とともにメモをする。

著者について

読書猿(どくしょざる)
ブログ「読書猿 Classic: between/beyond readers」主宰。「読書猿」を名乗っているが、幼い頃から読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまでに20分かからず、1冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。
自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシア時代の古典から最新の論文、個人のTwitterの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探しものの道具箱」などカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間はいち組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。
『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層から支持を得ている。本書は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにした主著。なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの『神学大全』(Summa Theologiae)のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧

中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS

ヨビノリたくみの自習室

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP