雑談の一流、二流、三流

心理・会話

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

スムーズな雑談をすることで、相手からの印象が良くなり、自然に楽しい雰囲気を作れるようになる。

<一流の雑談ポイント>
1.相手に焦点を当てる。
2.挨拶にツープラスする。
3.具体的な質問をする。
4.15~30秒で相手に話しを渡す。
5.自分の役割を見極める。

本・要約動画一覧

オススメ!
明快キング★★★★☆

聴く本【キクホン】★★★☆☆

プレジデントオンライン【5分図解】★★★☆☆

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • 話し掛ける時は、相手に焦点を当てる。「今日は暑いですね。今日は30度あるらしいですよ。夏は好きですか?」
  • 挨拶にツープラスする。【 挨拶 + □ + □ 】。「久しぶり + 元気だった? + 何年ぶり?」
  • 一流は先手を取って、話しやすい空気を作る。
  • 相手に深く考えさせるような質問をすると、相手の脳はフリーズして居心地の悪さを感じる。
  • 抽象的な質問は相に深く考えさせることになる為、具体的な質問をすること。「休日によくやっている事ってありますか?」
  • 質問の抽象度を1段階ブレイクダウンして、より具体的な質問をする。
  • 15~30秒で会話のボールを相手に渡す。
  • 役割を見極め、場の状況に応じた役割を担う。「話す人」「聴く人」「回す人」。

著者について

桐生 稔 (きりゅう みのる)

株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役
日本能力開発推進協会メンタル心理カウンセラー
日本能力開発推進協会上級心理カウンセラー
一般社団法人日本声診断協会音声心理士

1978年生まれ。新潟県十日町市出身。
2002年、全国1200支店運営する大手人材派遣会社に入社。
極度な人見知りが原因で新卒3カ月で左遷される。
そこから一念発起し、売上達成率No1を実現する。
その後、音楽スクールに転職、事業部長として350名の講師をマネジメントする。
2017年、社会人のリアルコミュニケーション力を向上すべく、
株式会社モチベーション&コミュニケーションを設立。
現在全国35都道府県でコミュニケーションセミナー、研修事業を展開する。
数多くトレーニングを行ってきた経験から、人の心が動くコミュニケーションパターンを発見。
日経新聞、プレジデント、東洋経済ONLINE、YAHOO!ニュースなど、数多くのメディアに取り上げられる。
セミナーや研修では、60分に20回以上笑いが起こり、場が燃え上がり、
最後には衝撃的な感動が走る「心震わすメソッド」をお届けしている。
著書に『10秒でズバッと伝わる話し方』(扶桑社)がある。
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧


ビジネスマンのための「伝わる話し方」実践スクール_みのちゃんねる 桐生 稔

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP