ゴミ人間『えんとつ町のプペル』 日本中から笑われた夢がある

自己啓発・成功法則

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

夢を追いかけて行動している人は、周りから叩かれる。それは、他の人が夢をあきらめ、みんなと同じレールに乗っているから。そこから外れると叩かれる。だが、それは成功への道だと喜ぶこと。
成功するためには、「やりたい事」よりも、「やってはいけない事」や「やらない事」を決めることが重要。そして、ひたすら情報収集をして行動すること。行動するとさらに情報が入ってくる。

本・要約動画一覧

オススメ!
本要約チャンネル【毎日19時更新】★★★★★

くぼ店長の仕事術 ★★★☆☆

YouTube図書館【毎日2本】 ★★★☆☆

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • 夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる。
  • 他人の夢を笑い足を引っ張る人は、過去に夢を捨ててしまった人。
  • 夢を捨てた人は夢を捨てずに頑張っている人を許せない。自分が捨てた事が間違いだったと思いたくない。
  • 人は知らないものに対して恐怖を感じる。
  • アンチがなぜ自分を攻撃するのかを、相手に寄り添って考えてみると、見えてくるものがある。
  • 何をすればうまくいくかより、何をするとうまくいかないかを考える。
  • 報われる努力は運が絡むためコントロールできない。報われない努力はコントロールが可能。
  • やってはいけない事を極限まで排除すれば、おのずと成功確率が高くなる。
  • 日常的にやるべきではない、「やらない事リスト」を作り、やらないようにする。
  • 目標を決め、それを達成するために必要無いことは、それが例え常識であって断っていい。
  • 挑戦には痛みが必要。ルールから外れた人を世間は叩いてくる。
  • 世間は、プロが作ってお客さんが食べる「レストラン型」から素人が素人に提供する「バーベキュー型」へ変化している。
  • 人のアイデアの待ち合わせ場所が、「自分の脳みそ」になった人間が強い。つまりみんなのアイデアを集めて編集するということ。
  • アイデアの待ち合わせ場所になりやすい人は、「行動する人」。なぜなら、アイデアを実験してくれるから。
  • 成功するためには情報を手に入れることが不可欠。
  • 行動することに勇気はいらない。情報を手に入れれば行動できる。
  • 一歩踏み出すのにポジティングシンキングは必要ない。必要なのはロジカルシンキング。
  • 行動する人間には、さらなる情報が集まる。
  • 失敗を恐れない。失敗しても取り返せばいい。

著者について

西野 亮廣
1980年兵庫県生まれ。
芸人。

著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧

西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】

柴田ジュンヤ

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP