スタンフォード大学 マインドフルネス教室

健康・能力アップ

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

客観的な視点で自分を眺め、過去の体験や、それによって培われた価値観を眺め、これから起こりそうな事を眺めること。
頭の中の会話も停止すること。

相手の話しを聞く時は、心を空にして価値判断をしないこと。「聞く」よりも「聴く」というイメージ。
価値判断をすると脳が披露し怒りを生む。誰もが自分なりの考えや価値観がある。
自分の価値観で判断せず、そのまま素直に聴き、相手の視点で物事を眺めてみること。

挫折を味わった時は、新しい価値観を受け入れるチャンス。
自分の弱さを知る事で、世界が広がる。

本・要約動画一覧

オススメ!
本要約チャンネル【毎日19時更新】★★★★★

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • 現代はあらゆる情報を処理しないといけない「マルチタスキング文化」。ストレスで疲れきっている。
  • 「マインドフルネス」とは、「今ここに存在している自分に気づくこと」や「今ここに集中すること」など、”今”に意識を向けること。
  • 過去や未来に意識を向けるのではなく、今の現実をあるがままに受け入れること。
  • マインドフルネスを考えるABCとは、「Awareness(気付き)」「Being(存在すること)」「Clarity(明瞭さ)」。
  • 「Awareness(気付き)」とは、自分が考えていることなど、自分を知ること。
  • 「Being(存在すること)」とは、過去の体験の記憶や今持っている価値観に対して、正しい・間違っているの判断したり、何かをしなければいけないという思いを止め、そのままの見つめる。
  • 「Clarity(明瞭さ)」とは、自分の身に起こりつつあることに注意を向け、はっきりと眺めること。
  • マインドフルネスを行う時は沈黙すること。それは頭の中も同じ。
  • 相手の話しを聞くときは、「価値判断」を挟まないこと。相手は相手なりの考えや価値観があり、相手の立場で物事を眺めてみること。
  • アクティブリスニングを実践すること。※
  • パッシブリスニングも効果的。やり方は、5分間相手の話しをさえぎらずに聴く。
  • 「弱さの体験」をすることで、自分の価値観を捨てて、相手の価値観で物事を観ることができる。
  • 失敗した時は、新しい価値観を構築するチャンス。弱さを感じた体験を誰かに語る事も大事。
  • マインドフルネスな日常を送るために必要な「7つの知能」を知ること ※

<アクティブリスニング>
●物語を理解するために聴く
●全ての感覚を使って聴く
●心で聴く
●聴いていることを知らせる
●耳にしたことを相手にそのまま返す
●もっと話すように促す
●価値判断をさし挟まない
●好奇心を抑える
●思いを共有する

<マインドフルネスな日常を送るために必要な7つの知能>
●弱さ
●聴く力
●受容
●感謝
●責任
●本当の自分
●絆
●繋がり

著者について

スティーヴン・マーフィ重松
日本生まれ、米国で育つ。スタンフォード大学のウエルネス教育の心理学者。ハーバード大学で臨床心理学の博士号取得。東京大学留学生センター・同大学大学院教育学研究科助教授、スタンフォード大学医学部特任教授、教育学部客員教授を歴任。
マインドフルネスやEQの概念をベースに、生きる力、グローバルスキルを高める専門家として、教育、医療分野で国際的に活躍している。著書に、『When Half is Whole』 (Stanford University Press)、『Multicultural Encounters』(Teachers College Press)、 『多文化間カウンセリングの物語(ナラティブ)」(東京大学出版会)、『アメラジアンの子供たち──知られざるマイノリティ問題』( 集英社新書)などがある。
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧

Channel I-House

AOIHOSHI FLOWER VOICE

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP