眠れなくなるほど面白い 自律神経の話

健康・能力アップ

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

「最近疲れが抜けない」「常に体がしんどい」など、謎の不調の正体は自律神経にある可能性がある。自律神経を整えることで体が健康になり美容効果も得られる。
朝は30分早く起き、ストレッチをしてコップ1杯の水を飲む。腸内環境を整えるために、食物繊維を摂取すること。味噌汁を1日1杯飲む事。運動も大切でウォーキングやストレッチをすること。

本・要約動画一覧

オススメ!
本要約チャンネル【毎日19時更新】★★★★★

サムの本解説ch ★★★★☆

【書評系パーソナルトレーナー】クロマッキー大学 ★★★☆☆

サムスマ大学 ★★★☆☆

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • 自律神経とは自分の意志では動かせない神経で「交感神経」と「副交感神経」がある。
  • アクセルが交感神経で、ブレーキが副交感神経。交互にバランスよく働いている。
  • 不規則な生活習慣やストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう。
  • 交感神経が過剰に高まると血流の流れが悪くなる。そして副交感神経が働かないと修復ができない。
  • 自律神経が乱れると、「ダルさ」「疲れやすさ」「便秘」「下痢」「肌荒れ」免疫定価」などの症状を引き起こす。
  • 体の細胞は、十分な栄養と酸素で維持されている。
  • 血液が悪くなると、栄養や酸素が体の細胞に運ばれなくなる。
  • 自律神経を整えることで血流が改善し、細胞が活性化するため、健康的になり美容効果も得られる。
  • 自律神経を整えるためには、
  • 対人関係のストレスを軽減する方法は、確固たる信念を持ち「人は人。自分は自分」と考えること。
  • 自分の気分を明るくしてくれる情報以外は見ないようにすること。
  • 焦りもストレスの原因。目の前の事を1つ1つこなしていくようにすること。
  • ストレスを感じたら「心地良い音楽を聴く」「笑顔を作る」
  • 自律神経を整えるスイッチをONにするためには、片付けや整理整頓をすること。
  • 自律神経を整えるためには、体内時計を正常にすること。規則正しい生活をする。
  • 朝は30分早く起き、布団の上でストレッチをする。終わったらコップ一杯の水を飲む。
  • 食物繊維を多く摂取し、腸内環境を整える。炭水化物を取り過ぎないこと。
  • 味噌汁を1日1杯飲むこと。
  • 自律神経を整えるためには、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をすること。

著者について

小林/弘幸
順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。スポーツ庁参与。順天堂大学医学部卒業、同大学院医学研究科を修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP