金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

お金・投資

10秒でわかる本書の内容 (超要約)

誰でもお金持ちになれる。そのためには、この世にあるありとあらゆるレバレッジ(テコの原理)を使うこと。
お金が無い人は、「頭脳のレバレッジ」を使うこと。使い方は「言葉を変える」「都合の良い現実を生きる」の2つ。
「言葉を変える」は、ポジティブな言葉を使う事。「都合の良い現実を生きる」とは、すでに理想の現実になっている感覚になること。
お金持ちになりたいのであれば、すでにお金持ちになった気持ちで生活すること。
実際に目標に向かって行動を起こすには、「決心」すること。別の言い方をすると「決断」や「腹をくくる」という事。

本・要約動画一覧

オススメ!
本要約チャンネル【毎日19時更新】★★★★★

白坂慎太郎★★☆☆☆

1分でわかる本書の内容 (要約)

  • 若くして豊かに引退するためには、レバレッジ(テコの原理)を使うこと。
  • 借金もレバレッジの一つ。良い借金であれば金持ちになれる。「人を雇う」「健康」「教育」「人間関係」もレバレッジ。
  • 何を知っているかより「誰を知っているか」が重要。
  • 貯金は、自分のお金を他人にレバレッジとして使わせているのと同じ。
  • お金持ちはレバレッジを増やすことをやり続ける。
  • お金が無い人が使えるレバレッジは3つ。「頭脳」「プラン」「行動」のレバレッジ。最も重要なのは「頭脳」。
  • 頭脳は最も強力な資産になるが、負債にもなる。頭脳のレバレッジを使う方法は2つ。「言葉を変える」「現実を変える」。
  • 適切な言葉を頭の中で使っていれば大金持ちになれる。しかし逆に間違った言葉を使っていたら、言葉のせいで私たちは貧乏になってしまう。
  • 金持ちが使っている言葉を使い。貧乏人が使っている言葉を使わないこと。※
  • ポジティブな言葉を使えばポジティブな考え方になる。
  • 現実を変えるには、自分にとって都合のいい現実を持つ。自分が現実だと思う事が現実となる。(確証バイアス)
  • 大抵の人は収入を増やすよりも、収入の範囲内で生活する方を選ぶ。
  • 貧乏人の現実を捨てて、金持ちの現実をインストールすること。
  • アメリカで金持ちの人口は5%以下。
  • どのような世界に住みたいのかを決心すること。決心することで行動し、あらゆるものが変わる。
  • 世界に新しいテクノロジーが出現したら、それを恐れるのではなく使いこなすこと。

<お金持ちが使っている言葉>
・私にはそれが買える。
・私にはそれができる。
・今は買えないが、どうすればそれが買えるようになるだろうか?
・安定した仕事ではなく、ビジネスを起こす。
・お金を貯めるのではなく、お金を投資する。

<貧乏人が使っている言葉>
・私にはそれができない。
・私にはそれが買えない。
・それは不可能だ。絶対にうまくいかない。
・あなたにはそんな事はできない。
・それは難し過ぎてできない。
・仕事による安全を求める。
・お金を貯める。

著者について

キヨサキ,ロバート
個人ファイナンス関連書籍で前代未聞のベストセラーとなった『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者。世界中の多くの人々のお金に対する考え方に疑問を投げかけ、その考え方を変えた。彼は起業家、教育者、投資家である
Amazonより引用

本・電子書籍・オーディオブックの購入はこちら

■Amazon Kindle 月額980円で本が読み放題(30日間無料体験付)
月額980円で本が読み放題。月に2冊以上の本を読む方にお勧めです。
■audiobook 聞き放題プラン(30日間無料体験付)
本の朗読サイト。1冊丸ごと音声で聞きたい方にお勧め。
■flier(フライヤー) 10分で読める本の要約サイト
プロが要約しているから要点を漏らす事がない。

関連動画一覧

Oxford Club Japan

すごい外人の話を聞く

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY

関連記事

新着の「本」要約動画

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP